「収入証明」を提出しないで、お金を借りたいなら!

できれば今日中か、遅くとも明日、できるだけ早く借入れをしたい。

 

そんな状況の時に「収入証明書類」の提出を求められたら、
会社や役所から取り寄せなければならず、手続きに時間がかかってしまいますよね?

 

書類のアイコン「収入証明書類」とは?
前年度の年収が確認できるもので、以下のいずれか一つ (直近のもの) を用意する必要があります。
源泉徴収票、住民税決定通知書、納税通知書、課税証明書、所得証明書などを指します。
会社や役所、税務署などで入手します。

 

市役所

 

せっかく「即日融資」可能なキャッシングやカードローンに申し込んでも、
書類が手元になければ、即日の融資を受けることは難しくなってしまうでしょう。

 

もしお急ぎの借入れをご希望なら、「収入証明不要」で融資を受けられるところを選んで申し込むことが必要です。

 

銀行や消費者金融などのカードローンやキャッシングでも、
「△△円までの借入れの場合、収入証明不要」
と限度額や条件はつきますが、収入証明書類の提出なしに融資を受けられるところがあります。

 

もし今日中または翌営業日ぐらいの急ぎの借入れを希望するのであれば、
初回の希望額を「収入証明の提出不要」の範囲内で申請することがポイントです。

 

書類

 

最近では、本人確認の書類(運転免許証のコピーなど)の提出も、
スマートフォンや携帯電話のカメラで撮影した画像を指定のメールアドレスに送ったり、
指定のURLにアップロードすればOK。
近くのコンビニなどからFAXで送っても大丈夫です。

 

スマートフォンを操作する女性

 

審査結果も最短30分で回答可能。
※混雑状況や審査の状況等によっては、30分以上かかる場合もあります。

 

各社の締め時間までに申込み&必要書類の確認が完了すれば、即日の振込みもOK!
それ以外の時間でも、店舗や契約機でカードを発行できれば、その日のうちにキャッシングができるんです。

 

この流れなら「収入証明」の提出なしで、その日のうちに借入れ金を手にすることができるかもしれませんよね。
心配だった翌日の予定や、クレジットカードの引き落としもこれで安心です。

 

※ただし他社の借り入れ状況や審査の状況などによって、
「収入証明不要」の範囲の金額であっても、「収入証明」の提出を求められることもあります。
詳しくは下記ランキングからご確認ください。

「収入証明不要」で借入れできる! おすすめキャッシングランキング

「新生銀行カードローン レイク」
  • ご契約額100万円まで、収入証明不要!
  • 銀行カードローンの安心感。
  • はじめてのご利用なら無利息期間もあっておトクに借りられます。

■実質年率:4.5%〜18.0%
■ご利用限度額:1〜500万円

 

「オリックス銀行カードローン」
  • ご契約額300万円まで、収入証明不要!
  • 金利は業界最低基準の実質年率:3.0%〜17.8%
  • ご利用限度額も1〜800万円と幅広い融資が可能。

■実質年率:3.0%〜17.8%
■ご利用限度額:1〜800万円

 

「プロミス」(SMBCコンシューマーファイナンス)
  • ご契約額50万円まで、収入証明不要!
  • はじめて利用の方はポイントサービス申込みで30日間無利息に!
  • 三井住友銀行グループの対応の良さは口コミでも評判です。

■実質年率:4.5%〜17.8%
■ご利用限度額:1〜500万円

 

※各社、他社の借り入れ状況や審査の状況などによって、
「収入証明不要」の範囲の金額であっても、「収入証明」の提出を求められることもありますのでご了承ください。

なぜ「収入証明不要」で借りられる金額に違いがあるの?

消費者金融の場合、「貸金業法」という法律によって

  • 50万円を超える借り入れ
  • 他社との借り入れが合計で100万円を超える

場合、収入証明の提出が義務付けられています。

 

つまり、「収入証明不要」で借入れをすることができるのは50万円までと法律で定められているということですね。

 

上記ランキングではプロミスがそれに当たります。

 

一方、銀行は「貸金業者」ではなく「銀行」となるため、この「貸金業法」が適用されません。
そこで、銀行それぞれの基準によって「所得証明」提出の条件を設定しているというわけです。

 

たとえば、

  • 新生銀行のカードローン「レイク」⇒希望額100万円まで
  • オリックス銀行カードローン⇒希望額300万円まで

 

収入証明不要で借りられる金額に違いがあるのは、そのためなんですね。

 

これは銀行系カードならではの強みと言えますよね。

 

ただし、各社、他社の借り入れ状況や審査の状況などによって、
「収入証明不要」の範囲の金額であっても、「収入証明」の提出を求められることもありますので、その際はご了承ください。

 

また、やはり銀行系のカードローンは消費者金融に比べて金利の設定が低いこともあり、
審査に時間がかかったり、審査がやや厳しくなる可能性については考えておく必要があるでしょう。